askapotatoo #wanderlust

小さい旅人。海が好き。➡︎ tinywandereraska.com

ワーホリ:ファームのススメ<私の体験談>

 

 

オーストラリアでワーホリ中、ファームに行こうか考えている方多いのではないでしょうか。

 

指定の地域で34ヶ月ファームジョブをすると、さらに1年間VISAを延長することができ、

2年間オーストラリアに滞在できることになります。

 

 

私は最初、この「2nd VISAを取るつもりは全くなく、

ただ「オーストラリアっぽいことがしたい」と思っていた時に

学校の友達にファームを紹介してもらったのがきっかけでファームで働き始めました。

 

結局、1年間ずっとファームで働きました (笑)

 

主に理由は、田舎生活がめちゃめちゃ楽しかったということ、お金を貯められたということ、

そして、彼氏が出来たからです (笑)

(ファームはカップルが出来やすいです・・・。)

 

 

 

お金を貯められた、と言いましたが、

最初のストロベリーファームは稼げなかったです。

仕事はパッキングだったのですが歩合制で単価がとても安く

さらに私はそこまで得意ではなかった(仕事が遅かった)ので、

大した収入はありませんでした。

 

ハイシーズンの時に少しだけピッキングの手伝いに駆り出されたことがありましたが、

その時は普段の倍以上の収入がありました。

私はピッキングの方が得意だし好きでした。

ですが、私のいたファームでは、自動的に男がピッキング女がパッキングというように振り分けられていたので、

選ぶ権利はありませんでした。

 

休みの日には、みんなでご飯を作ってパーティーをしたり、

場所がそこまで内陸ではなかったので、海に行ってBBQしたり、

田舎ならではのとても充実した毎日でした。

 

稼げなかったですが、田舎は遊ぶところが少ないので、その分出費も少ないんですね!

家賃食費くらいです。

なので、結局マイナスにはならなかったです

 

 

 

ブルーベリーファームは

最高でした。

 

よく色んな人から

「チェリーとブルーベリーは稼げる」

って聞きますが、本当でした。

チェリーは働いたことがないので実証できませんが、ブルーベリーは稼げました。

こちらはピッキングの仕事がメインでした。

 

ストロベリーの時は、トローリーと呼ばれる屋根付きのものを使うので、そこまで日に焼けないのですが、

ブルーベリーは完全炎天下で行われます。

 

日焼け止めを塗っても塗っても止めどなく溢れ出る汗で全て流れ、

真っ黒になりました。

多分人生で一番黒かったと思います(笑)

 

 

ブルーベリーは果実が濡れている、または雨が降っているとピッキングができないので、

週に34しかない日も結構ありましたが、

平均収入は、ストロベリーの時の3〜4でした。

 

ただ雨で収穫ができなかった次の日は長時間労働になったりします。

 

 

 

私は体が小さいのであまり重たくなるまでやりたくないのと、暑さもあって体力的にもきついので、

休憩も挟みながら一人でマイペースにやっていましたが、

私の彼や友達は、休憩ほとんどせずにぶっ通しで働いて、

週に$1500以上稼いでいました。驚

 

 

 

ストロベリーの時は、アコモデーションが提供されていたのですが、

ブルーベリーではそれがなかったので、

ファーム近くのキャラバンパークで、キャンピングカー生活をしていました。

キャンピングカーはすでに固定して設置されてあるもので、家と同じように家賃を払って借りることが出来ます。

 

ベット、キッチン、ダイニングテーブルが完備されていて、パーク内には共同のバストイレ、コインランドリーも完備されています。

 

もともと家賃は安いのですが、彼と一緒に1台の車に住んでいたので、かなり安上がりでした。

パークの近くには小さなプールがあったので仕事終わりに行ったり、

バイロンベイまで車で1時間くらいしかかからないので、

仕事が休みの日にはよく行っていました。

 

 

 

パークには本当に様々な人たちが住んでいました。

 

いつもおしゃれでキレイめの格好をしているオージー (ご飯作ってくれたり、オーストラリアの歴史を教えてくれた)

いつも外で本を読んでるおじいちゃん (寝てるか起きてるか分からない)

アボリジニーのファミリー (多め、私の友達が喧嘩しました笑)

いつもヒールとミニスカでキメているトランスジェンダーの方 (いつもダーリンって呼んでくれるチャーミングなお隣さん)

 

とってもフレンドリーな人が多くて、収穫したブルーベリーを配ったりしていました。

またパーク内の子供たちがよく集まって遊んでいたので、私も混ざってました(笑)

 

ここでの生活は1年間で一番英語漬けだったと思います。

ファームも住まいも、日本人は私一人だったし、街で日本人を見かけたこともありませんでした。

 

 

ファームでの生活で、

多少のことなら気にしないおおらかな心を持てるようになったと思います。(笑)

 

私はネットを繋げてなかったので、休みの日にどこかWIFIがある店を探して使っていたのですが、

今思うと、すごいなって。 (笑)

ネットのない生活とか今考えたら想像つかないんですけど、

その分自然に触れたりする機会が多くあったし、

人間やっぱり不便な生活には慣れるもので、気にすらならなかったです。

母が、「メールの返事がない」と心配するくらいです (笑)

 

 

あと

これはファーム生活では避けて通ることの出来ないものなので、

虫嫌いな人はちょっと大変かも知れません・・・

 

私はもともとそこまで虫嫌いではないので (Gは別です)毒持ってなければ大抵は大丈夫でした。

 

ファームはお金を貯める為2ndの為と言う方も多いですが、

私はそれ以上にメリットがあると思います。

 

日本ではなかなか出来ない体験ですし、

オーストラリア感満載で、私はとってもオススメです。

 

 

せっかくオーストラリアに来たんだったら、

ジャパレスではなくて、ファームで働いてみませんか?

 

 

Wish you all the best farm life experiences!

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

askapotatoo