askapotatoo #wanderlust

小さい旅人。海が好き。➡︎ tinywandereraska.com

女ひとり旅:南米でひとり旅デビュー

 

 

今では旅が大好きで、年に数回は必ず海外に行っている私ですが、

 

実はひとり旅デビューは結構最近なのです。

 

 

 

きっかけは、美容師の元彼の所に髪を切りに行った時に、海外の話をしていた時のこと。

 

私はカナダワーホリを数ヶ月後に控えていました。

 

すると彼が、

 

ウユニ塩湖って知ってる?この前テレビで特集やってたんだけど、めっちゃキレイだよ!カナダ行くなら結構近いんじゃない?

 

とかなり興奮して教えてくれたのが始まりでした。

 

 

 

私は「ウユニ」と聞いてもピンとこなかったのですが、

検索してみたら「なんかテレビで見たことある!」って思いました。

 

そして、すぐにウユニの美しさに魅了されました。

 

「この景色を自分の目で見る」

 

そう決心し、カナダのワーホリが終わったら、その足で必ずボリビアに行こう決めていました。

 

 

その為、ワーホリ中1年間はガッツリ働きました。

所持金$3000だけ握り締めて入国しましたが、

無事に南米旅行に十分な金額のお金も貯めることができ、

いよいよ計画を始めたのですが、

 

周りの人からは

「危ないから辞めとけ」

の嵐。

 

正直びっくりしました(笑)

 

 

 

しかも私は身長が145cmしかありません。

日本でも小さいのに、海外に行ったら極小レベルです。本当に子供 (笑)。

首根っこ掴んで簡単に連れさらわれそうなサイズです。

 

見た目も弱そうなアジア人の小さい女が初めての一人旅で南米に行くなんて、

周りの人間からしたら狂気の沙汰としか思えなかったんでしょうね(笑)

 

「女ひとりで南米なんて、絶対に危ない」

「行くならせめてツアーにろ」

 

みたいなことをガンガン言われました。

 

 

 

それを言われて「やめよう」思わなかったけど、

南米ってそんなに危険なの!知らなかったー!って感じでした。

 

 

 

当時一緒にレストランで働いていた南米の友達に、リアルな南米事情を聞いて見ました。

ボリビア出身の人はいませんでしたが、

まあなんとなく雰囲気は一緒だろう・・・と(笑)

 

 

 

彼らは口を揃えて危ないよと言っていました(笑)

コロンビアの友達は、

自分が住んでたアパートではよく銃声が聞こえた、とか

テレビのインタビューみないなこと言ってました。

え、ビビらせてるの???

 

でも誰も「行くな」とは言いませんでした。

「南米は美しい。ボリビアもとても素晴らしい国だよ」

って。

 

真実を知った上で、自分の身は自分で守り、南米を楽しんで欲しいという気持ちだったんだと思います。

 

 

何言われても行くつもりでいましたが、

彼らに「いいね~南米旅行!」

と言われただけで、もう行きたい願望はMAXに達していました。

 

 

 

いよいよ日程を決め、H.I.Sバンクーバー支社へ。

せっかく南米行くなら、マチュピチュもぜひ見てみたかったので、

 

バンクーバー   ペルー

ボリビア   バンクーバー

 

のチケットを購入しました。

 

代理店の人にも、初めてのひとり旅だと言うとものすごく驚かれ、

「初めてのひとり旅が南米とかハードルが高すぎる!」

「高山病はやばいから、酸素ボンベ絶対必要ですよ!!!」

 

とビビらされましたが、

「やばい」

と言われると、余計行きたくなる性格です。

そして当の本人はなぜか、全然怖いとか思いませんでした。

予備知識も経験もないので、怖いもの無しです。

 

 

 

そして20142に、初めてのひとり旅に出かけたのでした。

 

そう、たったの4年前ですね。

 

 

 

それ以来旅にハマり、

仕事の合間をぬって休みを見つけては海外に行っています。

 

 

 

 

 

学生時代の私は、

お金は物に費やし、服やネイルや美容院に消えて行きました。

友達と韓国に行ったことがあるくらいで、旅に出ようなんて思ったこともありませんでした(笑)

 

それはそれで私の人生の一部だし、今となってはaskapotatooの暗黒ギャル歴史としてネタになっていますが、

 

今の自分だったら、絶対に

『旅に出ろ』

って言います。

 

 

私よりもっと若い人たちにも、どんどん旅に出て欲しいって思います。

 

 

経験はお金にはかえられません。

 

 

楽しいこと、辛いこと、

人々との出会いと別れ、

新しい土地へ足を踏み入れる時の緊張と喜び、

新しい自分の発見、

 

 

旅は人生を豊かにし、人生を変える。

 

 

私は体が許す限り、

旅を続けて行きたい。

 

 

もちろん一人でも、友達とでも。

パートナーやいつか自分の家族を持っても

一緒に旅を続けたい。

 

そう思っています。

 

たくさんの人たちが

旅に出たいと思ってもらえると嬉しいです。

 

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

askapotatoo